カテゴリ:Editorつれづれブログ( 44 )

Editorつれづれブログ

8月のつれづれblog


c0173273_7593277.jpg8月15日 高島花火大会にて。

小樽で、いちばん好きな花火大会です。地域超密着型の。
でも、年々評判を聞きつけ、人が増えていますね~。今年で25回目だそうです。
港の船着場にみちみちになりながら眺める、頭上いっぱいに広がる大輪の数々。
歓声があがり、拍手にため息。激しい連打のあとは、花火の欠片が飛び散って、臨場感もたっぷり!
イカ焼き、焼きそば、焼き鳥、ビール。屋台が並び、いっぱいやりながら見物です。
お盆の供養花火は、しみじみとした気持ちになります。
本年度は初めて、「本日ご結婚のカップル」へのお祝い花火も上がりましたよ。
ブラボー!
終わりそうな夏の気配をそこはかと感じつつも、それを打ち消すような暑い一夜の祭典。
刹那の輝きを、思う存分に楽しんだのでした。
船から投げ込む、圧巻の水中花火!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-08-16 08:00 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブロブ

8月のつれづれblog


c0173273_2332126.jpg8月8日 「森山大道写真展」にて。

会場のひとつである「小樽運河プラザ三番庫」で、スライド&トークイベントがありました。
大ファンという訳でなないのですが、写真界の大御所がせっかく小樽で行うイベント。限定100名の中に入れていただきました。
おそらくは彼の洗礼を受けたであろう顔を、2~3発見!みなさん、期待で目がキラキラ輝いていますね。
小樽と余市を2日間かけて撮影した模様をDVDで流し、それに森山氏がコメント。なかなか面白く見応えあり。
ちょうど小樽は龍宮さんのお祭りで、雑然としたものや人を撮るのが大好きという氏には、よいタイミングだったようでよかったです。三十年前の印象と違うのは、道行く人の少なさ。しかし、それも時代の今として肯定的に捉えるべきという考え方には、とても共感できました。
質問コーナーでは、何故デジカメに?の問に(やはり、よく聞かれるのだそうです)、好きな印画紙がなくなってしまったこと、表現の手段にこだわりはない。との返答でしたが、前者はちょっと聞きたくなかったかな、個人的意見としては…。会場の展示写真があまりにも少ないのは、かなり残念でした。
最後はお決まりのサイン会!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-08-08 22:43 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

7月のつれづれblog


c0173273_2254117.jpg7月26日 「いち乃家」にて。


土用丑の日です。
仲間と鰻を食べました。
ここのところ今ひとつの体調で、特にこの日は最悪で…。
でもせっかく予約したわけだし、みんなにも会いたいし。ということで、よっこらしょっと!

あ~、ふっくら香ばしくて、旨い!
そして結果は…、がぜん元気になっちゃって。ウソでしょ。本当に鰻効果なのか-?!
恐るべし鰻パワー。翌日も続くこの滋養…。
そもそも鰻の力は、千年前の万葉集にも読まれていたそうな!
やっぱり昔も夏バテには、これだったのね。

「いち乃家」は南小樽駅すぐ横。
きちんと修行を積んだご主人のお料理は、ひと手間加えた逸品ばかり。
鰻の上にちょっこり乗っかっているのは、肝でございますよ。


弱ったカラダに!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-07-26 22:54 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

7月のつれづれblog


c0173273_20503064.jpg7月7日 駅前通りにて。

このところお天気がぐずぐずです。
TVでは「エゾ梅雨」などど言っていました。

この道はほぼ毎日通るのに、なぜ気づかなかったのだろう。
ちょっと驚いて立ち止まってしまいました!
「セピア通り」…ふ-む。
そういうネーミングがされていたのか-。
おっ!その上、鍋敷きみたいなお魚のモチーフ付。
レトロとか、クラシックだとか。
そういう形容詞が多いよね、小樽は。
実は「パチンコ通り」-と名づけていましたワタクシ。ちょっと皮肉もこもっているのです。
でも、まっすぐ海に向かっているこの道を通うのが、すごく好きですよ。

今夜は本州では七夕ですね。
遠距離の恋人たちが、ちゃんと会うことができますよーに。


いつもの日に!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-07-07 20:22 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

6月のつれづれblog


c0173273_12432231.jpg6月25日 「立川志の輔 独演会」にて。

「カテキョ-・キョ-カテ」の人!です。
こんな知識しか持ち合わせず…。ちゃんと落語をする人だったんだ!そんな程度で…。友人が誘ってくれて、初めて本物の落語を生で聴く機会を得ました。小樽市民会館。5列目。ばっちり見えますね~。
志の輔さんは、明大出。「明治大学小樽会」主催の今回、大学の落研後輩が小樽にいらっしゃるとのことで、快諾されたそうです。28歳で立川談志に入門。落語家としては遅いスタートを切りましたが、古典は無論、人間模様を描いた新作落語で独自の世界を築き、今やもっともチケット入手が難しいと言われています。
昨今のお笑いブーム。それに慣れ親しんだカラダには「耳から目からウロコ」。小道具の使い方、酔いの演技、落語への導入小話(?)どれをとっても「本物」。日本の話芸とはこういうものか、と笑いと人情味あふれた内容に引き込まれ、“一流”を堪能したのでした。
それにしても、落語が病み付きになりそうですわ-。
(※ 写真左の看板は、次回の予告です)
上質な笑い!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-06-27 12:53 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

6月のつれづれblog


c0173273_21565630.jpg6月12日 真狩にて。

これは全部食べ放題です。でも、品性のある人はそこそこにしておくでしょうが…。ここに来るたび、たらふく食べてしまう自分は本当に卑しい!といつも後ろめたいのです。
道道66号線をニセコから真狩中心部へ向かう道沿い、「羊蹄山の湧水」があります。たくさんの人がここで水を汲み、そしてお隣のこのお豆腐屋さんに立ち寄ります。
「鶴の子」という道産の高級大豆と、この名水のマッチング!おいしくないはずはない!そして、なんといってもこの試食。その名に恥じない激ウマの「すごい豆腐」を筆頭に、つねに20~30種類を常備。お豆腐以外にも、「おからドーナッツ」や「わらびもち」「フロマージュ」などのデザート系も揃っている。ちょっとしたフルコース状態です。その上、試食がなくなることがないほど、次々と惜しげもなく投入される太っ腹ぶりなのです。いつも本当にごちそうさまです。
これって試食?!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-06-13 22:24 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

5月のつれづれblog


c0173273_2213386.jpg5月22日 祝津にて。

土・日は祝津で「にしん祭り」です。ここ数年にしんが浜にもどってきているそうです。嬉しいことですっ。
浜では、無料にしんプレゼントに長蛇の列。これをもらったら、灯油缶でききたコンロでおのおの自分の力で焼かなければ食せません。みんな、がんばってあおいでるぅ~。
今日は「にしん御殿」が無料開放。小樽にいながら、この中に入ったのは初めて。結構広い。明るい。隠し部屋などあって、泥棒から身を隠したり、雇ったならず者から逃げたりするために使用したそうです。ふむふむ、なるほど…。
そして「日和山灯台」。こちらも内覧できるということで、勇んで坂を上りました。いつも遠くから眺めていた赤白灯台。明治16年、北海道で2番目に点灯されたとのこと。海上保安の方たちが思いのほかフレンドリー。記念写真も撮ってもらいました♪ 小樽のいいところ、なにげに興味深いところ、まだまだありそうです。
灯台もと暗し!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-05-26 22:28 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

5月のつれづれblog


c0173273_873862.jpg5月16日 「オーセントホテル小樽」ギャラリーにて。

「トレ・アミーチ展」開催中におじゃましました。
陶芸の前田隆護(りゅうご)さんと、写真の山本晴彦さん。
シブイおじさま二人展です。
前田さんは、昨年の「余市・縄文焼き祭り」でお世話になった縄文土器の師匠で、繊細かつ、ダイナミックな形の土器を作る達人。文字通り縄を使った模様は、ても緻密です。
またUFOなどのユニークな作品もあり、古代人はもしかして、宇宙人と交信していたのかも?!などと妄想にふけることもできます。
旅行に訪れた小樽に惚れ込み、15年前に移り住んだ山本さんの写真は、ポルトガルの風景。どこか、小樽に似ているそうです。
5/31まで。 9:00~19:00 (最終日 ~15:00)
オーセントホテル小樽(小樽市稲穂2-15-1 都通り側) 0134-27-8100
縄文時代の技術!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-05-21 08:05 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

5月のつれづれblog


c0173273_12174254.jpg5月15日 小樽某所にて。


気温13℃の予報だったのに、風がなくてお日様がさんさんだったせいか、「アツい!」と感じる日です。

今日はお仕事関係のみなさんとお花見!やっぱりお天気だと気分盛り上がります~♪

回りは満開の桜だらけ、ここのお庭には梅の花。

手前のちょっとリアルなお肉。最近定番の生ラムとは違い、この凍ったまあるいお肉。やっぱり野外のジンギスカンはこれですね―。

それにしても…、外で飲むと全然酔わない。
それとも酔ってる?
コワいです…。



完全なるお花見日和!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-05-16 12:13 | Editorつれづれブログ

Editorつれづれブログ

4月のつれづれblog


c0173273_15484589.jpg4月26日 友人宅にて。

具合悪い~とぐずぐず言っていたら、ごはんをご馳走してくれました。栄養満点の!

ビールは「小樽地ビール」のドンケル。(馬のドンケル君が馬車で運んでいるやつです)
ポトフに入っているソーセージは、東京から送られてきた、ドイツ人直伝による有名店のもの。

それに、春いちばん♪ 「ぎょうじゃニンニク入りパスタ」です。うま~い!友人いわく、春の山菜は冬の間にたまった「毒」を抜いてくれるのだそう。

翌朝、確かにたくさん出ました―!!

気分はドイツ人!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-04-29 16:00 | Editorつれづれブログ