カテゴリ:YOKIMONO( 45 )

YOKIMONO

春が来た!かわいい生菓子たち。


和菓子処 つくし牧田







花園にある、小さいながら存在感のある和菓子屋さん。
目印“三角堂お地蔵さん”横です。
小樽にお餅屋さんは数々あれど、本格的な和菓子専門店はそうはない。
創業40年。小樽職人の会所属の、伝統の技がキラリ☆秀逸です。



c0173273_11562597.jpg

お干菓子、生菓子、羊羹等
お茶席のお菓子が中心。
店頭には“野菜”本物?の思わず見惚れるお菓子も
並んでいます。精巧な美しさの中にも、手作りならではの
温かさが感じられる、小樽の名店の和菓子なのです。




c0173273_11565152.jpg

生菓子 1個 180円。
季節感を大切に。寒椿がかわいらしい。







c0173273_1157925.jpg

生菓子の可憐さとお上品な甘さに、
味覚と視覚で、春先取りです♪




c0173273_11385022.jpg

小樽市花園5-7-2
0134-27-0813
9:00-17:00
日曜・元旦休業 Pあり

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2015-02-20 11:52 | YOKIMONO

YOKIMONO

「バルセロナ スペシャル」


花園高架下『Newport』さんの
おいしい企画です。

先頃スペインの旅へ行ったオーナーご夫妻。
その“お土産”の本場の味の数々を、
スペインへ思いを馳せつつ、いただけます!
小樽的アレンジも密かに楽しめたり…。

冬の初めのめげそうな寒さを、
情熱の国のお料理でやっつけて、
まずは気持ちをあたためよ。







c0173273_13355617.jpg

「タラのサラダ」と「焼き野菜のマリネ」
素材を生かしたシンプルなお料理。






c0173273_13361586.jpg

「かすべのフィデワ」
お米を細パスタに替えたパエリア
“かすべ”がオタルちっく。




Newport
小樽市花園1-5-3
0134-65-8578

[PR]
by watashi-brand | 2014-11-12 13:42 | YOKIMONO

YOKIMONO

プチッとかわいい!

海鮮丼屋 ko-taru プチ丼





小樽に海鮮丼はかずかずあれど…。
こんなちっちゃいの、見たことない。

“いろんなものをちょっとづつ”食べたい女子や、
観光客の方には、とってもおススメです。

大きさは直径8cmの高さ4cm。
季節により内容は変わりますが、お好きな
ネタをチョイスして、のっけてもらいます。
(200円〜500円)



c0173273_11305219.jpg




箱に入れてもらってテイクアウトしたら、
まるでスイーツのカップケーキみたい。
女子会の差し入れにも、大うけ、間違いなし!

小樽市堺町4-18
080-8290-2229

[PR]
by watashi-brand | 2014-07-10 13:53 | YOKIMONO

YOKIMONO

今夜は鍋にしよ。


山田屋





冬もいよいよ終盤ですね。

あと少しを乗り切るために…。

具沢山、海鮮たっぷりの「よせ鍋」に熱燗!



c0173273_22243453.jpg




冬の主役 “たち”“かき”…そして

常連組のホタテや蟹や海老などなど…。

冬のお鍋は嬉しいですね。

ダシがたっぷりと出た汁は、塩加減がいい塩梅。




c0173273_2226466.jpg





お店は花園高架下にあります。

内容は多少の変更あり。ひと鍋1,800円。

3月末まではオーダー可能です。
(前日までに要予約)




c0173273_22284210.jpg





小樽市花園1-5-4
0134-22-9925
050-5870-6150(予約専用)
17:30-22:30
日曜定休

[PR]
by watashi-brand | 2014-02-26 22:31 | YOKIMONO

YOKIMONO

小樽生まれのカクテル


「 おたる生ワインボール 」








『北海道ワイン』のナイヤガラやキャンベルを使ったカクテル。
“小樽名物”のひとつとなりつつあり、現在約60店舗で
楽しむことができます。





c0173273_11444968.jpg




レシピ考案のマスターのお店
『モダンタイムス』さんで、三種類のワインボールをいただきました。
グラスは、2月7日から始まる「雪明かりの路」の
“ワックスボール”をイメージした特注品。
押し葉の模様もついています。
丸っこい形とかわいい色合いで、只今女子に大人気!
マスターはかつて、ニューヨークでバーテンダーの
勉強をされたということもあり、棚にずらりと並んだボトルや、
モノクロのポスターが、ニューヨーク気分〜♪
店内はジャズやブルースが流れ、
とってもおしゃれで居心地のいい空間ですよー。


モダンタイムス 
小樽市花園1-9-26  
0134-33-2025
日〜木 18:00-1:00
金・土・祝前日 18:00-2:00
不定休 

[PR]
by watashi-brand | 2014-01-27 11:36 | YOKIMONO

YOKIMONO

栗スイーツの季節


「 渋皮つき栗パイ 」






栗は単体でも、もちろん魅了してくます。
シンプルな天津甘栗などは、街角で見かけると
つい買ってしまったりするのも、やむなしです。
また、そこにさらに脇がプラスされると、
栗の美味しさがグレードアップされる、
ということも当然な結果です。
このパイはまさにそういう筋道の、
栗スイーツなのです。


c0173273_1543379.jpg



“栗が丸ごとひとつ”というフレーズには
めっぽう弱いのですが、これはその丸ごとを
パターたっぷりのパイ生地が包み込みという、
なんとも間違いのない一品。
栗+パイですから、否定要素はゼロですね。
添加物をまったくしのばせていないのも、
裏切りがありません。200円。

六美 
小樽市緑1-2-12
0134-22-2697

[PR]
by watashi-brand | 2013-11-30 16:03 | YOKIMONO

YOKIMONO

季節の風味・栗むし羊羹


「 月よみ山路 」






とらやの羊羹で騒いでいたら、
友人が教えてくれた「安くて」しかも「おいしい」羊羹。
とっておき!であり、知る人ぞ知るーらしいのです。
石川県の老舗、松葉屋さんの逸品。なんと630円。


c0173273_21571837.jpg




c0173273_2157328.jpg




竹皮を開くと、ふんわりいい香り。
ほどよい甘さと、歯ごたえの餡。
中には大きな栗が、みちみちと入り、
そのほろりとくずれる栗を、
餡で包んで蒸し上げてあります。
素朴な姿だけれど、やはり伝統の品格を感じます。

[PR]
by watashi-brand | 2013-11-19 21:54 | YOKIMONO

YOKIMONO

シャネルの裏方さんたち


「 Signe Chanel 」






あこがれのブランド「シャネル」。
ココ・シャネルを描いたものなら、たくさんありますが。
これはぜーんぜん違います。
シャネルの伝統を支える、裏方さんが主役のドキュメンタリー。



c0173273_21145183.jpg


オートクチュールのクオリティを辛抱強く形にする
お針子さんたち。ショーには欠かせない靴職人さん。
農家のおばちゃんでありながら、すばらしいガロン職人さん。
などなど。ユーモラスで魅力的な面々。
カッコいいはずのデザイナーでさえ、
なんだかコミカルに見えてきます。
一流には一流の訳がある!

[PR]
by watashi-brand | 2013-10-15 21:23 | YOKIMONO

YOKIMONO

昭和なお菓子


「 末広屋菓子舗 」




小樽には市民御用達のお餅屋さんや、お菓子屋さんが
数々あります。町内に何気なく当然のように存在していて、
やっぱり、コンビニとは違う、「わが町で生まれた味」。
みなさん、ごひいきのひとつはふたつは存在しているはず。




こちらはそんなお店のひとつ。
市民の台所、南たる市場海側出入口のお向かいにあります。


c0173273_1465590.jpg


創業からすでに70年を越えている老舗です。



c0173273_1473756.jpg


この日も「栗まん」が出来たて。ほかほかと湯気を立てて誘ってきます。
店頭のお菓子はすべて、手作り。
この他どらやきなども、たくさんのファンを獲得していて、主力商品です。


しかし、ここでご紹介したいのは、あえて和ではありませぬ。
このロールケーキ。


c0173273_1432157.jpg



昨今「堂島ロール」に代表される人気の、大量の生クリームとふんわり生地系。
それはそれとて、とりこになるのも納得なのですが。
やっぱりロールケーキには、こってりぽってりの「バタークリーム」が
恋しくなる。スポンジと一緒に、ぐるぐると巻き込まれて
ほどよい割合加減。クリームがくどいから(いい意味)、この黄金率が命なのです。

末広屋さんは、みごとにその味を提供し続け、
時々無償に欲する「バタークリーム」欲求に、応えてくれているのです。


小樽市新富町2-13
0134-23-1971
日曜定休 10:00-20:00
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2012-10-30 10:16 | YOKIMONO

YOKIMONO

最強の夏ゴハン


「 なると 若鶏ランチ 」




夏の衰弱しそうなカラダに、一魂投入するなら、

小樽市民のソウルフード 『 若鶏 』 です。

こういう調理は元来あるのでしょうが、こんなにシンプルにダイナミックに

やってしまったのは「なると」が最初ではないでしょうか。

すっかりお店のオリジナル商品として、愛され続けています。

c0173273_10142356.jpg


ところで、このランチ。やっぱりこれはビールと合わせるもので、

白米にはどうかな…?と怪しんでいたのですが、

この少しキョーレツ気味の塩気に、ごはんが以外にも、進むこと。

選米も、炊き具合も、ナイスです!

ジューシーな本体はもちろんのこと、パリパリの皮ファンが根強いと思われます。

一人で食べられる方は問題ないのですが、それは無理と思われる向きは、

そのシェアにおいて、好きな部位が被らない相方を選ぶことが、

かなり重要です。

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2012-07-24 10:34 | YOKIMONO