<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

YOKIMONO

Duffy をさがせ!


空港でもちらちら、見かけるのです。

電車の中でもほら、カバンにくっついて。お供している。

誰?あのこはいったい。誰?誰? 誰かおしえて!


c0173273_16263555.jpg



それがダフィへの旅の始まり。

クマ大好き人間としては、心を奪われ、赤い糸の導くままに…。

DLフリークのみなさんには、一笑に付されてしまいそう。え、今頃?いまさらですか!って。

そうなんですよ。恥ずかしながら…。ミッキーにもミニーにも全く興味はないのですが…。

ダフィは、ミニーが、航海に出るミッキーのために作ってあげたクマだそう。

お尻と足裏肉球には、ミッキーのマークが入っています。


c0173273_16281577.jpg「ディズニー・シー」にある、2店舗のみで買うことができます。

そのためだけに、入場いたしました。とっても寒い雨のディズニー・シー。

すいているかと思いきや、お店は入店制限あり、この条件の日でも約30分待ち。(晴れの日だと、どうなるのだ?!)

どんどこ、飛ぶように売れてゆきます。お―ぉぉぉ、すごい。

数々の障害(?)を乗り越え、やっとこさ、めぐり会えましたね―。しあわせ ♪
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-28 17:00 | YOKIMONO

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -





「 迎えに… 」


春がなかなか来ないので、

こちらから、探しにいきました。



c0173273_21185757.jpg



海に囲まれて育ったから、

匂いや空気、日差しや風、

季節はみんな、海からやってくるみたいです。



c0173273_2121526.jpg





CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-24 21:22 | Chicaco的写真生活

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -





東川町へ ―

c0173273_19454281.jpg「写真甲子園」でお馴染みの東川町へ行ってきました。旭川のお隣りの「写真の町」です。

一度、たずねてみたいと思っていたところ、ただ今「森山大道写真展 北海道―第2章/展開」が開催中。
これは、よい機会!となったわけです。

場所は「東川町文化ギャラリー」。
広々と贅沢な空間に大きな写真もバシバシ貼ってありました。
あ~、うらやましい。こんなん気持ちいいだろうな―。
(と、比べられる存在でなないですよね)

大道さんの写真は「アレ・ブレ・ボケ」と形容され、その当時の写真の定義をくつがえす、センセーショナルなものでした。1963年にカメラ雑誌に掲載されて以来、写真男子(もちろん女子もいるでしょうが)の心をわしずかみにし、神様みたいな存在となっているのです。

現在はなんと、70歳を越えていらっしゃるのですね―。(見えないわ~)

この大道展は、北海道各地で順次開催中。序章は主に札幌の会場が中心でしたが、今年の夏はわが小樽市「運河プラザ」「文学館」等でも行われるのですよっ!パチパチパチ!


c0173273_20155241.jpg
大道さんは写真に行き詰ったとき、札幌に3ヶ月間住み、北海道各地を撮影してあるき、そのときの作品が30年の時を経て、公開されています。

小樽ではもちろん、30年前の小樽を撮った写真が中心です。
みんなで盛り上げていきたいですね―!!

僕は北海道が好きだ、などというよりも、
僕にとって北海道はおそらく終生変わることのない<我が愛>なのである。

森山大道氏「犬の記憶」より



CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

 
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-22 20:26 | Chicaco的写真生活

Editorつれづれブログ

3月のつれづれblog


c0173273_21305387.jpg3月19日 羽田空港にて。

「TOPS」のケーキを買ってきてもらいました。
自分が上京のおりにも、これだけは欠かせません。
以前は、札幌東急デパートの地下に出店されて、やったー!と思ったのもつかの間、しばらくして撤退してしまいました。いまひとつ売れなかったのかな~。いつでも食べられると思うのも、よくないのかも知れませんね。幸い、羽田空港に売っているので、便利ですが…。

お馴染みのチョコレートケーキは、スイス製チョコレートに良質の生クリームをミックス。中には粗く刻んだクルミが入っていて、食感と風味をプラス。スポンジをこのチョコレートクリームがサンドし、表面にもたっぷりとコーティング。そのようにして、このマイルドでいくらでも食べられるチョコレートケーキが出来上がっているのです。
今回は、白いクリームチーズケーキも一緒に!
いつも気にはなっていたのに、いざとなるとやっぱりチョコを買ってしまっていたんですよね~。
こちらはデンマーク産のクリームチーズを使用。下地はクッキーで周りは生クリーム。濃厚でハードタイプ。酸味が強く個性的なお味のチーズケーキです。
この他にも、抹茶や紅茶味のケーキもあるらしく…。
いずれ、こちらも試してみなければなりませぬ ♪

TOPS信仰はつづく!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-21 22:01 | Editorつれづれブログ

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -





「 昭和ラヴリィ 」―再会のカフェ―


3/14(日)で無事終了いたしました。

約3週間の長きの間、できたてほやほやの「プティcafe研究所」さんで、のんびりのびのびやらせていただきました。
遠くから来てくださったみなさん、お忙しい中お越しくださったみなさん、本当にありがとうございました。
新しくお近づきになった(笑)みなさん、これからもよろしくお願いいたします。

また、お会いできますように。

Chicaco



c0173273_2215353.jpg




ご紹介いただきました。ありがとうございます。
北海道美術ネット


CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-15 22:04 | Chicaco的写真生活

YOKIKOTO

「小樽ショートフィルムセッション2009」
~ノミネート作品上映会&表彰式~

c0173273_2315472.jpg











3/7(日) 小樽市民センター(マリンホール)で開会。
今回が第1回目の新しい試み。
小樽を題材に、10分以内の映像で表現する。

日本国内にこのような都市主催のアワードはたくさんあるようで、それをいかに継続、発展させていけるかが、課題とのこと。
この日上映されたのは、全14作品の中からノミネートされた6作品。
短編映画あり、プロモーションビデオ風ありで、アマ・プロそれぞれのよさがあったとように思う。


c0173273_22434886.jpg



大賞は杉田協士さんの「カモメ」。東京にお住まいなので、つまり外から捉えた小樽ということだ。
素人には受賞理由に若干の疑問が残るのだが…。
「小樽の魅力を伝えるのか、あくまでも映像の技術や感性を選ぶのか。」審査委員長、早川渉氏(映画監督、CMディレクター)によると、難しいところであるらしい。今回は後者を優先させたかたちのようだ。

私見を述べると、「アネモネ」がよかった。
若い女性二人が小樽を散策するのだが、彩度を上げて、全体にカラーを強くしておとぎの国のようなイメージ。彼女たちの洋服や小物の色と相まって、おもしろい作りだと感じた。



c0173273_2244813.jpg



2年に1度の開催なので、次回募集は来年となる。
仲間同士で、内輪で盛り上がりながら、映像に小樽を封じ込めるのもいいかな。
参加するのも楽しそうである。
ちなみに、協賛企業からの副賞(マイクやミキサー)が豪華で、会場からは歓声があがっていた。
(作り手の側には…かなりいいものなのだろーな、おそらく)

c0173273_1155185.jpg

それにしても、わが町、わが行動エリアが画像に登場するのは、とても嬉しい!
ゲストの山田勝麿市長から「市長賞」が贈られた。
「おかえりいつか」という、歌と映像の作品。
「みなともち」が出ていたから!-が市長の理由であるが…、そう考えると、それも仕方のないことなのかも?!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-11 23:02 | YOKIKOTO

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -





「 シンピジュウム 」


忙しくしてたら、気が付かなかったの。

こんなにお花が咲いているでしょ…。つぼみがたくさんついていたんだね。


これで、今年は、たくさんいいことがあるわ-!



c0173273_22442746.jpg



毎年、同じことを言うね。

でも、あなたの、そういう、幸せの足し算的考え方。

すごく好きです。




CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-07 22:45 | Chicaco的写真生活

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -



「昭和ラヴリィ」―再会のカフェ

~3/14(日)まで、好評開催中!(笑)

ちょっぴり中を覗いてください。
もっとじっくり観たいな~と感じたら、是非足を運んでくださいませ。

c0173273_21315170.jpg




c0173273_21321139.jpg




c0173273_21363247.jpg





c0173273_21371920.jpg





c0173273_2137366.jpg





CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-05 00:38 | Chicaco的写真生活

Editorつれづれブログ

3月のつれづれblog


c0173273_874336.jpg3月3日 女子会にて。

「大人の雛祭り」をしました。(でも、この日はやっぱり女の子に戻って大盛り上がり!)

ここは稲穂にある「れんげ洞」さん。
着物好きのお客さんが多いので、不定期でなんとなく集まりがあるのです。
本日は、雛祭り♪ ゆえに、参加者はほぼお着物でございました。
私も、ピンク色の扇子模様の小紋を着ました。と、言っても、自分で着られるわけではございません(涙)
「桜餅」「ちらし寿司」欠かせない定番メニューをほおばりながら、ワインをチロチロ。

みなさん、着物を堅苦しく考えず、色々創意工夫で「今時感+古典的ルール」の狭間で楽しんでいるのが、素敵なのです。
後ろ姿が美しい(前はさらに!)モデルとなってくれたNさんは、小物使いや色合わせがとてもハイセンスで、いつも、ほぉーっと感心してしまいます。全く着ることのなかった着物も、たまぁに着てみたくなるきっかけをもらった、美熟女の時間です。

着物談義に花が咲く!
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-04 08:08 | Editorつれづれブログ

「 TURE*DURE 2010年3月号 」

c0173273_2253534.jpg

「 ICHIGO 」

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-03-02 22:06 | 『 TURE*DURE  』