タグ:和食・居酒屋 ( 3 ) タグの人気記事

YOKITOKORO

路地に迷い込んだら…見つけた。
こだわり食材の和食屋さん。


和 Dining 颯楽 sora






とっても小樽らしい場所にあるこちらのお店は、
今年OPENしたばかり。
花園の路地を“くねっ”と曲がったところにあります。






c0173273_21201318.jpg

木のぬくもり感と、やさしい灯りにそそられ
店内に入ってみると…。





c0173273_2122247.jpg

地酒なども充実しています。
最近話題の「金滴彗星」もありますよ。






c0173273_21244487.jpg

小上がりが三卓。仲間とこもるにぴったりの個室もあり。
大人数は、2F別室で対応可能です。






c0173273_2126051.jpg

冷凍は使わないが信条。その日に仕入れた新鮮な海の幸。






c0173273_23561657.jpg

驚きの内容のコースは四千円〜。
常に旬のものが楽しめます。
北海道産の牡蠣。大きくてぷりっぷり!





c0173273_0134556.jpg

牛肉は北海道産の和牛のみ、使用しているそう。
柔らかくて、噛み締めるほどに味わいが。




小樽市花園1-8-20 嵐山新地内
0134-33-3775
平日 18:00-翌3:00(L.O 1時間前)
日祝 18:00-翌1:00(L.O 1時間前)
不定休






c0173273_23582247.jpg

[PR]
by watashi-brand | 2014-09-30 21:30 | YOKITOKORO

YOKIMONO

今夜は鍋にしよ。


山田屋





冬もいよいよ終盤ですね。

あと少しを乗り切るために…。

具沢山、海鮮たっぷりの「よせ鍋」に熱燗!



c0173273_22243453.jpg




冬の主役 “たち”“かき”…そして

常連組のホタテや蟹や海老などなど…。

冬のお鍋は嬉しいですね。

ダシがたっぷりと出た汁は、塩加減がいい塩梅。




c0173273_2226466.jpg





お店は花園高架下にあります。

内容は多少の変更あり。ひと鍋1,800円。

3月末まではオーダー可能です。
(前日までに要予約)




c0173273_22284210.jpg





小樽市花園1-5-4
0134-22-9925
050-5870-6150(予約専用)
17:30-22:30
日曜定休

[PR]
by watashi-brand | 2014-02-26 22:31 | YOKIMONO

YOKITOKORO

気になっていた、このお店(4)

ざっかす島影


酒屋さんの中の呑み処








手宮のバス通りに、提灯の赤い灯りが見えると
ほっこりとして、吸い込まれてしまいます。

なんとも気になる名前のお店。
店主のお父さんにお聞きしてみました。
ひと昔前の酒屋さんでは、『もっきり』というシステムがあり
コップでお酒が売られ、店頭で飲むことができました。


c0173273_22324714.jpg


そんな時代から「ざっかす」という言葉があり、
お酒などを売るお店が「雑貨屋」といわれ、それに
「スタンドバー」か「スナック」の
“す”がくっついたのではないか。とのこと。
ひと昔前の時代をいろいろ想像してみると、
余計に楽しく飲めてしまいます。

c0173273_22412197.jpg

「ざっかす島影」の名物、お任せお通し(1,000円)は、つねに7〜8品。
旬のお魚、漬物、小鉢が5品ほど。この家庭的なお料理は
すべておかみさんの手作り。他に牛すじ煮込み(400円)など。

c0173273_2249196.jpg

昼間は普通にお酒を売っている、酒屋さん。
回りには日本種が30種類ほど、焼酎も並んでいます。
『おたる島影』はこのお店のオリジナル。少し甘くて、コクあり。

c0173273_22525343.jpg

こーんなおつまみ。魚肉ソーセージや干物。
柱におススメも貼られています。
生ビール(400円)、日本酒(300円〜)などのお供に。
お通しの塩辛などで、ちびちびもいいですね。


c0173273_22561764.jpg

コの字のカウンターに座るのは、常連さんだけではありません。
こちらは、近くのお宿『とまや』さんに宿泊中の旅人さんです。
(ご本人の許可を得ました)
ここでは、みんなが和気あいあい。楽しい時間を共有!


c0173273_2329100.jpg

テキパキ働くおかみさんと、ご店主のこのスマイル。
お酒よりも、これが一番カラダに効くのかも。
先代が始めた酒屋は、昭和4年創業。現在の島影さんは二代目です。
7年前から、居酒屋を作りました。
ご主人のお話に、酔客もどんどん引き込まれ夜はふける。
初めてなのに常連のような錯覚に陥る、
不思議な魅力のお店です。


c0173273_2328637.jpg

小樽市錦町13-10
0134-22-5513
18:00-23:00 (酒屋部門 9:30-23:00)
第3日曜定休
カウンター9席
Pなし

[PR]
by watashi-brand | 2013-09-29 22:45 | YOKITOKORO