タグ:喫茶店 ( 2 ) タグの人気記事

スイーツ天国への道

c0173273_10573549.jpg

おそるべき「別ばら」の秘密。









春は甘い生活。

珈琲店コロンビア「アップルパイ」





昭和の老舗喫茶店「コロンビア」。
高校時代常連だったのに、今でも呑みの最後は「コロンビア」で!
という人は、たくさんいますよね、きっと。
昨今のレトロブームにより、雑誌などでも取り上げられ、
さらに市外からのお客さんも増えている、
嬉しい現象がおきております。

天井からの大げさなシャンデリアに、意味不明なビクトリア調のインテリアも。
全然おしゃれじゃないよ…。どおいうの?!
でもいいのです。だってここは「コロンビア」だから。
ファンとか、そういう他人行儀ではなくて
もっともっとゆる〜い、関係。



c0173273_9273752.jpg



「コロンビア」といえば、クリームぜんざいや
チョコレートパフェが定番ですが、
ここはあえて『アップルパイ』で。
この本格的テイストがミスマッチで、嬉しい裏切りなのです。
待つこと20分。世にもおいしいサクサク熱々の登場。
このエアたっぷり感。リンゴたっぷりの食感。
これで550円です。他にカスタードパイなどもありますよ。

わたしたちの「コロンビア」よ。どうかいついつまでも。

小樽市花園1-10-2
0134-33-5178
無休 11:00-24:00


[PR]
by watashi-brand | 2013-05-31 23:57 | スイーツ天国への道

YOKITOKORO

茶房 おこばち




妙見川沿いの、小さな喫茶店。
すし屋通りを堺町へと下りたところにあります。

この川は「おこばち川」とも言うんですね。
以前は歯医者さんだったお家が、昭和な薫りのお店になりました。


c0173273_13401825.jpg



佇まいに心惹かれていたものの機会を得ず、やっとおじゃまできました。
昭和30年代の小学校をイメージされているとのこと。

ご近所さんでお茶をいただいているような…、

そういう親しんだ空気が流れています。
つまり、居心地がいい!
時間の中に埋没してしまいそう…といいますか。
「あら、いやだ。もうこんな時間。お夕飯の支度!」という
声が聞こえてきそうです。

c0173273_1331133.jpg


自慢の珈琲はポット付で、2杯半は楽しめます。(420円)
懐かしムードのアイスクリーム(420円)
こちらも昭和なお茶請のサービス付。
お食事にはカレーライスをどうぞ。

c0173273_13315812.jpg


小樽市色内1-12-4(すし屋通り)
0134-23-0222
9:30-19:00 ランチ11:30-14:00
日曜定休 
16席 P2台
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2012-06-18 12:38 | YOKITOKORO