タグ:EVENT ( 33 ) タグの人気記事

YOKIKOTO

層雲峡 氷瀑まつり






旭川市内から車で約1時間。大雪連邦のお膝元。
奇怪な岩がそびえ立ち、紅葉も美しい温泉地、層雲峡。
いかにも山の中に分け入り、そこから溢れる秘湯に身を
沈める感じがして、冬場も魅力的なところです。
そこで40回目を迎える冬のおまつりが開催中。
数年前に訪れた時より、明らかに大きく迫力を増し、
外国人観光客も増えているみたいです。




c0173273_1275775.jpg






とにかく“寒い”というマイナス要素を逆手に取って
地の利にした、他の冬の祭典とはひと味違うイベントです。




c0173273_128455.jpg

さあ、洞窟の中へ!




c0173273_1211231.jpg

迷路みたいな氷の世界が続きます。
小さなお部屋や氷の椅子でパチリ!記念撮影。




c0173273_12132733.jpg

天井にぶら下がるツララの束。ここは鍾乳洞?!





c0173273_1214182.jpg

神秘的な光と氷のコラボレーション。





c0173273_12145584.jpg

週末には花火が上がります。





c0173273_12153121.jpg

層雲峡温泉街で3/29(日)まで開催中。

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2015-03-07 12:21 | YOKIKOTO

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -








「 ガラ in 雪明かり」









開催中の『小樽雪あかりの路』に、
出不精のガラと遊びに来ました。
ここは、旧手宮線会場。
土曜日のせいか、人、たくさん!
みんながこんなに来てくれる、立派なお祭りに
なったんだ。嬉しいねぇ。







c0173273_1234776.jpg

例えるなら。ガラのカラダは、ゆれるローソクの灯り。








c0173273_12581016.jpg

人ごみに来るのは、久しぶり。
偶然、記念すべき第1回目に出くわした私たち!
最初はローソクもぽつぽつとあるだけで。まるで
夢の中に吸い込まれるように、灯りをたよりに歩いたね。
あれは17年前のことだったんだなぁ…しみじみ…。








c0173273_12432114.jpg

お花が咲いたみたいな、オブジェ。
かわいらしいのです。









c0173273_12441986.jpg

アパートの住人と思われる、雪だるまたち。









c0173273_12475719.jpg

こんな夜は甘酒ですね〜。なまらあったまるべさ。









c0173273_12475123.jpg

真冬の2月はうんざりだけど、楽しいこともあるさ。
雪あかり大好き。いつまでもサイレントに続いていきますように。
と祈る?ガラなのであった。






CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2015-02-10 12:55 | Chicaco的写真生活

YOKIKOTO

500m美術館『 北の脈 』

一原作品が並ぶ







c0173273_11444891.jpg







今展は、札幌国際芸術祭2014の開幕直前のプレ企画。
500m美術館の特徴である横一線に伸びた地下歩道ギャラリーを年表に見立て、
各世代の、北海道ゆかりの作家ーベテランから若手、物故作家までー総勢17名が、
時代の変遷をたどるタイムラインとして、一直線上に並びます。(リーフレットより抜粋)







c0173273_1152180.jpg





先頭は小樽が生んだ世界的芸術家「一原有徳」氏。
革新的な手法で生まれた作品を集合させた作品群が、以下の四つで構成されており、
多彩な魅力を堪能できます。
1, 金属のパイプとうねる波 2, 有機的な形態と歯車 3, 律動する金属の断片
4, 岩肌・壁 (説明文より抜粋)
美術館では観られない、斬新なインスタレーションとなっています。




500m美術館vol.11 「北の脈-North Line-」

2014/4/5-6/27 7:30-22:00(最終日17:00)
札幌大通地下ギャラリー500m美術館
札幌市中央区大通西1丁目〜大通東2丁目
(地下鉄大通駅と地下鉄東西線バスセンター前駅間の地下コンコース内)
主催:創造都市さっぽろ・国際芸術祭実行委員会

[PR]
by watashi-brand | 2014-04-27 12:56 | YOKIKOTO

YOKITOKORO

日本銀行旧小樽支店
(現 金融資料館)



小樽歴建のシンポルでもある、日本銀行旧小樽支店。
東京駅を設計した“辰野金吾”他三人の著名な建築家が
かかわり、明治期最後に竣工された、歴史的にも重要な建物です。

昨年大規模な改修工事を完工。
この様子を中心にした、バックヤード見学会がありました。





c0173273_13234959.jpg







c0173273_13241072.jpg







c0173273_11521064.jpg







c0173273_13205693.jpg

回廊の飾りは「シマフクロウ」がモチーフ。
内外壁合わせて30体。誰もいない夜は、
フクロウが見張っていたそうです。





c0173273_13244477.jpg

今回のツアーの目玉、屋根についた緑のドームの「望楼」見学。





c0173273_13391637.jpg

山側の眺望。





c0173273_13394853.jpg

港側の眺望。





c0173273_13401423.jpg







c0173273_13402975.jpg

地下の秘密の扉。
お向かいの「松田ビル」と地下で繋がっているという
“都市伝説” 本当ですか?と質問したところ
「ありません!」と一笑に付される。うーむ…?!

[PR]
by watashi-brand | 2014-03-08 13:42 | YOKITOKORO

YOKOKOTO

小樽雪あかりの路









灯りをともす手









c0173273_14445278.jpg






雪あかり、最終日。
夜ごとがんばってくれた、ボランティアのみなさん。
ありがとう!






c0173273_14462986.jpg










c0173273_1447430.jpg









c0173273_14474576.jpg










c0173273_1447587.jpg

[PR]
by watashi-brand | 2014-02-16 14:44 | YOKIKOTO

YOKOKOTO

小樽雪あかりの路







街中に灯りがともる10日間



2/7 FRIー2/16 SUN
17:00〜21:00




c0173273_2329296.jpg





c0173273_23215835.jpg





c0173273_2331542.jpg






c0173273_233203.jpg




c0173273_23224469.jpg





c0173273_2323627.jpg





c0173273_23232827.jpg





c0173273_2333844.jpg

[PR]
by watashi-brand | 2014-02-11 23:34 | YOKIKOTO

YOKOKOTO

『 おたる縄文の集い 』






古代のロマンに思いを馳せる初のイベント。

縄文人とふれあうひと時!

小樽の周辺には忍路や蘭島など、
縄文遺跡がたくさんあります。
彼らの文化や暮らしを、詩、土器、音楽の
世界で感じてください。

c0173273_1944882.jpg


8/31sat ー9/1sun
10:00-18:00 (8/31) ・10:00-16:00 (9/1)
運河プラザ 三番庫
◎ 詩朗読・縄文琴演奏 8/31 14:00〜16:00
◎ 野焼土器約100点展示
※入場無料

[PR]
by watashi-brand | 2013-08-30 19:52 | YOKIKOTO

YOKIKOTO

『 おたるめぐり 』




3月10日(日)まで
市内各所






すっかり定着してきた、イベントです。
歴史の中で大切にされてきたお雛さま、
お家で眠っていたお雛さま、
ハンドメイドのお雛さま。
みんな、艶やかに大集合。



c0173273_11223389.jpg

「JR小樽駅」「市立小樽文学館」「運河プラザ」等の
大きな会場をはじめ、「田中酒造」「北の誉酒造」「坂牛邸」
など、大小さまざまのお店や施設が参加しています。
ピンク色ののぼりが目印!






c0173273_11271878.jpg

江戸時代古今雛(市立小樽文学館)




歴史香る
小樽の雛を
訪ねる





c0173273_11364799.jpg

■ ワークショップ「色紙雛をつくろう!」 3/9(土) 13:00~ 小樽市総合博物館

■ 「山口流笛の会」 3/10(日) ①12:00~ ②13:30~ 運河プラザ

■ 「楽しいひなめぐり茶会」 3/10(日) 13:00~15:00 運河プラザ





c0173273_11453623.jpg

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2013-03-04 11:41 | YOKIKOTO

YOKIKOTO

『 小樽雪あかりの路 -vol.15 』







「雪あかりの路」が開幕しました。
今年は寒さもひとしおゆえ、ご来場の方も
ボランティアのみなさんも、大変です。
が、そこは北国のイベントとして、雪も寒波も
一緒に楽しみたいものです。




c0173273_1745647.jpg

『運河会場』-人気のスポット!
今年は運河の浮き球が、こころなしか少ないような…。
電気ではなく、ろうそくの灯りにこだわるため、
毎日の点灯は、想像以上にご苦労だと思います。
でも年々華美になることを、密かに危惧していましたので、
こんな感じも、いいと思います。




c0173273_1784147.jpg

『朝里会場』-は、川がメイン。
この静けさと幻想的な景色が、すごく好きです。
ただ今回残念だったのは、人気の「韓国屋台」が
縮小してしまったこと。
お馴染みの韓国メニューが並び、本場を思わせる
活気があったので、ちょっぴり残念。





c0173273_113635.jpg






c0173273_17105597.jpg



『旧手宮線会場』-は、もっとも人通りが多いところ。
今年は、ワックスボールの森や、ツララのオブジェなど
新作が多く、楽しめますよ。


c0173273_17152679.jpg




雪あかりの路は17日(日)まで。

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2013-02-10 17:13 | YOKIKOTO

YOKIKOTO

港町・クリスマス



『 in OTARU -② 』





c0173273_0174716.jpg

「 Christmas Story 冬の流星 」
小樽ロングクリスマスの新企画。
小樽運河にLED電球を浮かべ、満天の星空に。


c0173273_028440.jpg

華やかな函館のクリスマスを楽しんだあと、
小樽に戻りました。
なんとっ、たくさんの人!!
小樽も賑やかで負けていませんよ。嬉しいです。
流星の青い光、幻想的な世界に歓声が上がっています。
小樽のいいところは、全く無音なこと。音は人々の声だけ。
むしろ音楽は必要ないな、と実感。


c0173273_034628.jpg

小船の中から、ソフトボール大の玉を投げ入れると、
パッと青い花が咲きます。おもしろくてずーっと見ていたい。
でも実は、玉が流れた先では網ですくい上げ、また水に投げ込む、
という作業が繰り返されていました。イベントを支える方たち、
この寒さの中、本当に大変です。お疲れ様でした。

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2012-12-25 11:55 | YOKIKOTO