タグ:SHOP ( 13 ) タグの人気記事

YOKIMONO

春が来た!かわいい生菓子たち。


和菓子処 つくし牧田







花園にある、小さいながら存在感のある和菓子屋さん。
目印“三角堂お地蔵さん”横です。
小樽にお餅屋さんは数々あれど、本格的な和菓子専門店はそうはない。
創業40年。小樽職人の会所属の、伝統の技がキラリ☆秀逸です。



c0173273_11562597.jpg

お干菓子、生菓子、羊羹等
お茶席のお菓子が中心。
店頭には“野菜”本物?の思わず見惚れるお菓子も
並んでいます。精巧な美しさの中にも、手作りならではの
温かさが感じられる、小樽の名店の和菓子なのです。




c0173273_11565152.jpg

生菓子 1個 180円。
季節感を大切に。寒椿がかわいらしい。







c0173273_1157925.jpg

生菓子の可憐さとお上品な甘さに、
味覚と視覚で、春先取りです♪




c0173273_11385022.jpg

小樽市花園5-7-2
0134-27-0813
9:00-17:00
日曜・元旦休業 Pあり

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2015-02-20 11:52 | YOKIMONO

YOKIMONO

昭和なお菓子


「 末広屋菓子舗 」




小樽には市民御用達のお餅屋さんや、お菓子屋さんが
数々あります。町内に何気なく当然のように存在していて、
やっぱり、コンビニとは違う、「わが町で生まれた味」。
みなさん、ごひいきのひとつはふたつは存在しているはず。




こちらはそんなお店のひとつ。
市民の台所、南たる市場海側出入口のお向かいにあります。


c0173273_1465590.jpg


創業からすでに70年を越えている老舗です。



c0173273_1473756.jpg


この日も「栗まん」が出来たて。ほかほかと湯気を立てて誘ってきます。
店頭のお菓子はすべて、手作り。
この他どらやきなども、たくさんのファンを獲得していて、主力商品です。


しかし、ここでご紹介したいのは、あえて和ではありませぬ。
このロールケーキ。


c0173273_1432157.jpg



昨今「堂島ロール」に代表される人気の、大量の生クリームとふんわり生地系。
それはそれとて、とりこになるのも納得なのですが。
やっぱりロールケーキには、こってりぽってりの「バタークリーム」が
恋しくなる。スポンジと一緒に、ぐるぐると巻き込まれて
ほどよい割合加減。クリームがくどいから(いい意味)、この黄金率が命なのです。

末広屋さんは、みごとにその味を提供し続け、
時々無償に欲する「バタークリーム」欲求に、応えてくれているのです。


小樽市新富町2-13
0134-23-1971
日曜定休 10:00-20:00
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2012-10-30 10:16 | YOKIMONO

Store

c0173273_2225355.jpg



「 WATASHI-BRAND STORE 」
よりお知らせ!














c0173273_2232093.jpg


珈琲店 「はち」さんの店内、棚SHOPのWATABRANDストア。

冬バージョンに衣替えいたしました。

Chicacoオリジナルポストカードは、1枚150円で販売中!
クリスマスカードに是非ど-ぞ ★

お待ちしていま-す。
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-12-21 19:16 | Store

Barbie Channel

Baebie Channel    小樽在住。30代OLのすてきな日常。




「 ステキな人に出会うの巻 」



「ミュンヘン・クリスマス市」 を見に、札幌へ。

の、つもりが地下へ潜ってショッピングになってしまった…。

久しぶりに覗いた「 Lois CRAYON 」。

二十代の頃にはご用達だったけど、最近は体型的にも年齢的にも

ちょっとムリだわ。とほほ…。

以前よく使われていた「プリティ・コンサバ」。

ここのお洋服はそれに、なんと言うか…「小公女」をプラスした感じ。かな。


c0173273_0114882.jpg


あ-、やっぱりカワイイ!クリスマスに欲しいわ-と騒いでいたら。

この方と目があって。

モデルバービーさん。

ハッとするほどセクシーで美しい! ゴールド系のスーツを着こなす、ゆれる眼差し。

あこがれちゃうな-。


c0173273_012268.jpg


お店の奥にも、何人かのモデルさんがいました。

またの再会をお約束…。

それまで、体型修正、がんばろ…。

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-12-08 22:10 | Barbie Channel

Store

c0173273_22503822.jpg


c0173273_22262116.jpg
「 WATASHI-BRAND STORE 」OPEN !

念願のお店、開店しました。

cafe 「はち」さんの店内にある棚-ひとつ分。

ミニミニSHOPです。

これから、オリジナルのものを除々に増やしていきます。

お茶を楽しむひととき、ちょっこり覗いてみてください。
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-08-04 22:27 | Store

YOKIMONO

「かりんとうまんじゅう」


黒砂糖が北海道にもすっかり浸透。

実は結構かりんとうが人気だったり。(ポテチみたいに、食べたら止まらない…)

そして、「かりんとう饅頭」または類似品が、全国的にいろんなお店で作られているもよう。

この「六美(ろくみ)」の品も、かなりおいしくハイレベル。

なにせ、3代70年余りの歴史のあるお店。

そのノウハウを大切にしつつ、新しい商品にも果敢にチャレンジしている。(例えば、カフェオレ饅頭、生キャラメル饅頭etc…)


c0173273_19432444.jpg



生地には沖縄産黒砂糖を混ぜ込み、中には甘さ控えめのこし餡がたっぷり。

まず蒸す、揚げる、そして焼くの行程を経て、この外側がつやつや、そして食感かりかりのかりとう風味が出来上がる。

パクリとすると、ジュワっと油が染み出つつ、それをすぐに餡がマイルドにカバー。すばらいコンビネーション。

そもそも甘味は、揚げるとなぜか第3の味に大変身!おいしさがグレードアップするものがある。

衣をまとった揚げあんまんしかり、あんドーナッツしかり、お馴染みわかさいもの「いもてん」も外せない。

そして、このかりんとう系もいま注目を集めている次第。

1個80円。



「 菓匠 おたる六美 」
小樽市緑1-2-12 (中央バス「緑1丁目」バス停より徒歩1分)
8:30-18:30  
0134-22-2697
日曜定休
P有り 2台

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-07-15 21:39 | YOKIMONO

YOKITOKORO

宝箱のふたを開けてみる…と、中には。

すてきな雑貨屋さん
「atelier eight 」(アトリエ8)

ずーっとウワサを聞いていた、このお店。
幾度となく前を通っても、いつも入口が閉まっている。

おぉ、やっと、タイミングが合致。はやる気持ちを抑えつつ中に入ると、なにやら楽しげなBGMが。(北欧風♪?)
大好きなものをひとつひとつ、丁寧に並べているような棚や机や小引き出し。
なんとかわいい!なんとハイセンス!ブラボー!

c0173273_211469.jpg




c0173273_21284184.jpg特にどこの国ということはなく、いいな、と思ったものを仕入れているとのこと。
ヨーロッパやアメリカ、日本。
古いものもあれば、新しいものもある。
オーナー手作りのカードやご友人のオリジナル写真集なども。
でもみんなどこか懐かしいような、アンティーク気質を持ち合わせていて、心惹かれる品揃え。

価格もこのようなお店にしては(私見による)、ロープライスでお手頃ばかり。
嬉しい…。見る物みんな欲しくなってしまう。購買意欲がもりもり湧いてしまうな-。

このお店は以前、ご家族が洋品店をされていたそう。
今は、オーナーのご都合により、主に日曜日と不定期火曜日が営業日。



c0173273_21353072.jpg











魅力的なオーナーと、いつまでも眺めていたい魅惑の品々は、ついつい時の経つのを忘れ…。
店内には古着のミニフリマコーナーもあって、こちらも、ステキなお洋服が並んでいるので、要チェック。


c0173273_212751.jpg


お気に入りを連れてお家に帰り、自分の宝箱にしまってしまいたい。
そんなものが、チルチル並ぶお店なのである。



c0173273_2154698.jpg



小樽市稲穂1-7-11
(文房具の「やまぎし」斜め向かい)
※ 目印はミドリの日よけ
13:00-18:00
080-3294-0088
不定休のため、営業日はwebで確認 
atelier eight     

[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-06-23 21:41 | YOKITOKORO

YOKIKOTO

c0173273_2159025.jpg今月のイベント
OTARU

マンマケイクの
「 小さな小さなお菓子のお店 」

Mammacake ベイクドケーキ店
限定2日間のOPEN

カラダに優しい素材を使い、愛情いっぱいでかつおしゃれなスゥイーツたち。
お店を持たないマンマケイクさんが、2日間だけのお店を開店。
どんなお菓子に出会えるか。お楽しみ~♪  
売り切れたら閉店なのでお早めに!

5/21(金)~5/22(土)
13:00~なくなり次第終了
小樽市稲穂2-16-6 (都通り あまとう洋菓子店裏  お花屋「KUSA」となり)
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-05-17 21:01 | YOKIKOTO

YOKIMONO

ちょこっとさんたち…。



こんなこたちが、ちょこっといたら、嬉しくないですか。

本棚の隙間や、玄関の植木鉢の上や。

そんな定番だけではなく。


c0173273_20225489.jpg



c0173273_20254828.jpg冷蔵庫の玉子ラックとか、表札の上とか…。


このパンダさんなんか、訳知りふうだから、

徹夜の勉強や、残業の机なんかに、じーっと座っていてくれたら、

「わかってる」って、力強い味方にもなってくれそう。










c0173273_20311596.jpg

よく覗くウインドに、いつの間にか登場していたかれら。

みんな3cm~5cmくらいの大きさです。

「時々入荷します。」とお店の人の弁。たぶん、アジアのどこかの国で生まれているのだろうな-。

大バンビ 263円 ・ 小バンビ 157円 ・ パンダ 280円 とリーズナブル。

ちょこっとさんを、ちょこっと置くと、ちょこっとした幸せが手にはいります。








c0173273_20381697.jpg

輸入生活雑貨
「Pour La Vie」(プール・ラ・ヴィ―)

10:30-18:45
不定休
小樽市稲穂2-15-11  都通り
1F 「ZIP」  2F 「ベネトン小樽店」  
1Fにあります。
0134-22-6729
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2010-04-12 20:50 | YOKIMONO

YOKIMONO

「アップルパイ」です。


お家でパイを焼いちゃうお母さん、って

何だか、きちんとした家庭のシンボルって感じ。

なのでアップルパイも、とてもファミリー的スゥイーツ、というイメージがただよう。(んです。勝手に)

これは、そういう類の素朴なパイです。


c0173273_2272695.jpg



回りは果樹園。そこで採れたフルーツを使い、パイやジャムやジュースなどを製造販売しているお店の、看板商品。

季節により、梨・チェリー・夏みかん・などの種類が、かずかず登場はすれど…。

でもやっぱり…、アップルパイなんですよね-これが!

大きめにカットされたリンゴがどっさり! シナモン、生クリームは使用していません。なので余計ホームメイド的風合い。

リンゴは時期により、ふじ・津軽・北斗・昴林。それぞれの持ち味があって、自然の甘さと香りがみちみち詰まっています。素材重視ゆえに、リンゴ本来のおいしさを比較して楽しめたりもします。

サックリのパイ生地には、ほどよいバター。S(要予約)・M・Lのホールがありますが、ちょうど出来たてに当たったら、1 ピース(273円)も購入可能。そこで…あったかいうちに、その場でほおばるのが、しあわせパイのベストな食べ方♪ として、おすすめします。


「 くだもの村 」

余市郡仁木町北町2丁目1番地 国道5号線沿い
10:00-18:00(冬期間はご確認ください)
0135-32-3111
火・水定休
[PR]
by WATASHI-BRAND | 2009-08-20 22:22 | YOKIMONO