人気ブログランキング |

YOKITOKORO

c0173273_028535.jpg

c0173273_0401297.jpg
音楽とアートを楽しみながら、古民家で安らぎの時間を過ごす。

住吉にあるcafe「はち」は珈琲とお菓子とパンのお店。
のりちゃんが豆を焙煎し、まきちゃんがCAKEとパンを焼く。
仕事の役割分担と、おしゃべり分担と、体調分担と、精神分担があ・うんの呼吸で執り行われていて-多分、すごくエニシの深いふたりなんだと思う-(でも、よくけんかもしているらしい…けど。)
お店は二軒目。最初は富岡で5年、それからこの古民家に移って8年目を迎える。
ここには床板や窓枠も一緒に引っ越して来た。
懐かしくて温かい。
お日様の向きと一緒に陽が入り、夏には簾越しに風がやってくる。
はちの位置は臨港線の坂と、メルヘン交差点への坂の、ちょうどてっぺんに位置しているから、空気がすごくいいそうだ。
ふたりには師匠がいる。函館で珈琲をいれている人だ。
弟子になり、今の手による焙煎をものにした。深煎りの珈琲は味わいもとても深く、機械が主流の今時としては珍しい。手間と愛情が何倍もかかるのだ。



c0173273_133387.jpg

きちんと選んだ食材で、ていねいに手作りする。

パンは道産小麦と天然酵母を使用。
自家菜園や、自然の中で採取した素材を使った季節限定メニューも、はちの楽しみのひとつ。
壁には版画や写真、木造りのテーブルには季節のお花。本物志向にはたまらない、アンプとスピーカーから流れる音楽。ひとつひとつが心に豊かでやさしい時間を与えてくれる。
珈琲は豆の量と水の量が選べるのが嬉しい。自分にあったちょうどいい濃さをみつけたら、すっかり居心地のいい場所になっているはず。
これからの季節は、クリスマスケーキの予約注文が始まる。素朴で、しかも本格的な味わいのシュトーレンやクグロフなど、ぜひ味わってみて。





c0173273_21485794.jpg
(写真左)季節限定メニューの「枝豆ムース」 自家製の豆だから、豆の味がしっかり。

(写真右上)こだわりの材料を使ったパン。「パンプレート」や「シナモントースト」などで。

(写真右中)自家焙煎の珈琲は深い味と香り。秋の「かぼちゃのケーキ」は人気。

(写真右下)バレンタインやクリスマスには、ケーキと豆のセットなどを予約販売。
毎年のおしゃれなラッピングも楽しみ。
        





c0173273_21492120.jpg
小樽市住吉町12-1
10:00~19:00(日祝11:00~)
0134-27-6408
木曜定休

「 はち 」





< 文・写真  サワダ チカコ >
by WATASHI-BRAND | 2008-11-11 01:31 | YOKITOKORO
<< Editorつれづれブログ YOKIKOTO >>