人気ブログランキング |

YOKITOKORO

おすすめCAFE



森羅万象の中で息づく家

昭和の茶処 葦笛洞(いてきどう)



c0173273_21265077.jpg





c0173273_2121536.jpg
国道5号線のすぐ脇に佇むには、あまりにも静かで、美しい場所。
ここのかつての住人は医者で、この味のある名が今も店名として、使われているのだ。
回りは湿地で、敷地内には、かつての診療所が「ギャラリー」に、また作家の工房などが、木製の小径で繋がれている。
オーナーは隣接するログハウス「トベックス」であり、この古い民家と調和を保つ自遊林の中は、木の温もりで溢れている。
春には水芭蕉が咲き、水辺で遊ぶカモたちは、近くの運河を行き来しているらしい…。
トンギョ(ムツゴロウのような魚)も顔を出す、まさに自然の営みの只中。




c0173273_21221779.jpg
建物の中は、まさしく懐かしい昭和の世界。
多分に手をかけず、往時の面影をふんだんに残す店内は心地よく、席に座ると遠い記憶の彼方へと誘う。
春は生命の芽吹きを感じ、夏には、ちょっと避暑地にやって来た旅人の気分に浸れるところ。

メニューは珈琲が十数種類(500円~700円)、懐かしいあんみつ(600円)など。
看板は「モッフル」。ワッフルのおもち版で、そのとおりもっちりした食感が最近巷で人気だが、こちらはデザート感覚にとどまらず、「チーズとハンバーグ」「エビとコーン」「栗とあずき」など数種類から2種類を選べて、お得感あり。ランチなどにもおすすめ。




c0173273_2141331.jpg


c0173273_21201799.jpg
小樽市銭函2-30-3
(トベックス隣り、自遊林内)
10:00-21:30 (LO 21:00) 冬季 10:00-18:00
0134-62-2771
水曜日・第2・4木曜日定休     
駐車場あり 5台

by WATASHI-BRAND | 2010-06-07 21:51 | YOKITOKORO
<< Chicaco的写真生活 YOKIKOTO >>