人気ブログランキング |

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アートな気持ち

c0173273_2224198.jpg
Creator File.2 池田憲亮 Kenryo Ikeda



今春、書道研究の「臥牛社(がぎゅうしゃ)」を設立。本格的に始動した。
天台宗の寺の跡取りという、二つの顔を持つ、小樽生まれの若き書道家。



東京で書道にどっぷり浸かる。

桜陽高校を卒業後、僧侶になるべく大正大学へ進学。
しかし、小学校から始め、高校のクラブ活動で夢中になった書道への思いがつのり、
父親を説得して、唯一書道学科のある大東文化大学の大学院で専門的に書を学ぶ。
その間、高齢化の進む東京板橋の団地に住み、お年寄りを中心に約30人の生徒に教えた。
「人口の減少、高齢化は小樽の状況と重なる」と感じたという。

c0173273_031414.jpg





c0173273_7591035.jpg

書道の大家、石飛博光と出会う。

今、空前の書道ブームだそうだ。精神統一をして1枚の紙と対峙する、あるいは大きな筆で体中で書く、屋外パフォーマンスはもうお馴染み。
書道は若者の中で「カッコイイもの」になりつつある。
その裾野を広げたのは石飛博光の存在が大きいだろう。映画「書道ガールズ」を指導した、大御所である。
しかしその作品は自由で型にはまらない。書展を開けば数千人の入場者を記録する。
「僕が石飛先生に師事したのは18の冬。自ら門をたたき運よく末弟に加えていただきました。先生は北海道赤平のご出身で、同郷ということで喜んでくださいました。門下生に北海道で活動している人がいないので、小樽に戻ったら爽やかな書を普及するようにと、常々言われました。東京で8年間お世話になりました。」



小樽でやりたいこと。

座右の銘は「以和為貴」。聖徳太子の十七条憲法の言葉。和を大切にする-という意味だ。
“書道教室”という堅苦しいものではなく、書道の好きな人が集まる、老若男女横の繋がりができ、広がる。
活気が生まれる-そんな環境作りを目指している。そしてその媒体となるのが「書」というのが理想。
「敷居を下げ、人が来やすい交流の場所にしたい。小さなことからやっていきたいです。」


【プロフィール】

小樽生まれ

2011年3月 大東文化大学大学院 書道学専攻終了

現在 湯殿山光明院儒子

書学:書学書道史学会 元理事長古谷稔氏に薫陶を受ける

書:日展評議員 石飛博光氏に師事

篆刻:毎日展審査会員 池田光希に師事

毎日書道展、創玄展等の公募展において受賞多数



c0173273_0122362.jpg

毎日書道展 「U23新鋭賞」「創玄展特選」など受賞





書道、しよう。

基本はふまえつつも、自由な発想と感覚を重視する。
書を楽しんでもらいたい。ゆえに、希望の字体はどしどし書いてほしい。
指導者としても、成長過程。
文化はルールを守るからこそ美しい。その「きまりごと」の中に清新な心が生まれる。
そういう清々しさを伝えていきたい。

大作は納骨堂で、たくさんの仏様に覗き込まれながら、筆を走らせることも。
僧侶としての環境も、書道も、同じラインに存在する。すべてが融和し、あくまでも自然体。
今は、「見る・聞く・感じる」様々なことに興味を持ち、細胞にたくさん吸収しようと「動いて」いる。
お寺は最澄さんの宗派でも、山伏系。修行のたまものか?お酒にはめっぽう強い27歳。


c0173273_0101036.jpg




c0173273_0124547.jpg

今年の市展では、初出品にして「美術館長賞」を受賞した。
若々しくエネルギッシュな書は、穏やかな表情から解き放たれ、力強く飛翔する。






c0173273_09137.jpg一緒に書道をしませんか?

< クラス >
● 月3回
 金曜日 13:00-16:30の間
 木曜日 18:30-20:30
● 場所:小樽市いなきたコミュニティセンター5F(小樽市稲穂5-10-1)   
● 大人3,000円  小人2,500円 (教材費 半年1,000円)

連絡先 小樽市稲穂5-4-6  携帯080-1870-7407
                    mail koumyousai_gagyu@me.com

                                       
by WATASHI-BRAND | 2011-11-30 23:45 | アートな気持ち

YOKIHIBI

よき日々





スタンバイOK。




よく降りますね~。
初雪が遅かったので、挽回すべく、
ムキになって降っていませんかぁ?
毎日「ふぶき」ですよぉぉ~~~!


c0173273_89448.jpg


こちらの強面のみなさん。
今や遅しと出待ち状態!
トーマスの仲間たちにも引けを取らない、
個性派揃いです。
活躍してちょ-だいね。

by WATASHI-BRAND | 2011-11-25 08:09 | YOKIHIBI

seasons

FUYU-PRI 11/11






The flower which blooms
in snow admirably .

So that your heart
is not numb.



c0173273_132581.jpg









※ カテゴリの 「seasons 」をプチッとクリックしてくださいまし。
季節の文様を切り取った、プリントをご覧いただけます。
by WATASHI-BRAND | 2011-11-23 01:34 | seasons

YOKITOKORO

プチたび-余市-その2


ニッカウヰスキーのあとはランチタイム。
もくもくしたウワサのあのお店。探してみました。



スモーク料理の店「燻香廊(けむかろう)」


c0173273_029595.jpg



「 燻製の南保留太郎商店がお隣に作ったカフェ・燻製茶房 」

目の前はイカ釣り船が並ぶ余市港。
燻製工場の横の古民家に、お食事と喫茶のお店を開店しました。


c0173273_043944.jpg


はち巻きを、おしゃれなエプロンに替えて、
海の男の社長さんがマスターに。
石炭ストーブも懐かしくマッチしています。


c0173273_0455960.jpg


「スモークサーモンのエスカベッシュ」(右)季節限定ランチです。1,200円也。
大きいサーモンがボリューミィ。野菜もたっぷりのひと品。これにスモークサラダ(左)、パン、
飲み物が付きます。サラダの燻製豆腐が絶品。お隣の燻製屋さんで購入もできます。
燻製した豆で淹れた「スモーク珈琲」は特に試してほしいそう。
14時~17時は、燻製野菜のキッシュとスモーク珈琲の「ひとときセット」680円がお勧め。
燻製野菜をトッピングした「燻製パフェ」なるものも、気になります。


c0173273_0583588.jpg


2階席は吹き抜けの上。梁を活かしたリノベーションで、落ち着いた雰囲気。

c0173273_112428.jpg


燻製工場では、ホワホワ煙が上がっています。
これから冬に向かう心とカラダに、なんとも優しくほのぼのとした情景。

シャケ燻は特に人気で、南保留太郎商店の看板商品。
売店では、海の幸を中心に面白い燻製が並んでいるので、
覗いてみるだけで楽しいです。


余市郡余市町港町88番地
0135-22-2744

平日 10:00-18:00 土日祝 9:00-18:00
定休日 火曜日
駐車場有り

by WATASHI-BRAND | 2011-11-19 00:39 | YOKITOKORO

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -




「 里に初雪 in おたる 」





つ、ついに、真っ白…。





c0173273_21443341.jpg

いつもの公園も…。





c0173273_2359771.jpg

いつもの線路も…。




雪もこんくらいなら、キレイでかわいいもんだよ!




CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

by WATASHI-BRAND | 2011-11-15 21:47 | Chicaco的写真生活

YOKITOKORO

プチたび-余市-その1


小樽から車で約30分。親戚みたいによくお邪魔する町です。
海と山と人がすごく近くて、自然の恵み満載。
いつも何か新しい発見あり。秋の1日旅です。



ニッカウヰスキー余市蒸溜所


c0173273_22284147.jpg



「 美しい自然がおいしいウイスキーをつくる 」

と語った竹鶴政孝さんが作った施設。スコットランド生まれのリタ婦人が、故郷を思い出すような
共通の要素がたくさんあったことも、この地を選んだ大きな理由のようです。



c0173273_22442357.jpg


ススキノの入口の番人「ニッカおじさん」があらゆる場所に。



c0173273_224013.jpg


何度も訪れている余市ニッカ工場。個人的には落ち葉の季節が一番いいですねぇ。


c0173273_2255332.jpg


ここはスコットランド?と楽しい錯覚を起こす建物郡。
申し込みをすると、真っ赤なコートのガイドさんが、案内をしてくれます。

c0173273_2247056.jpg


1936年蒸溜開始。蒸溜所に適した自然環境の中、
今でも「石炭直火焚き蒸溜法」を守っています。

c0173273_22565053.jpg


ニッカウヰスキーといえば、こちらの面々。
歴代の黒おじさんが並んでいますよ。

c0173273_22574479.jpg


今回は車なので、いい雰囲気の建物での試飲は×。残念!
その代わり、このようなものを発見。
全部試食させていただきました。(すみません…)
迷ったあげく、やっぱりウイスキー入りを購入しました。


c0173273_23842100.jpg


余市郡余市町黒川町7丁目133
0135-23-4611

9:00-17:00
休業日 年末年始(電話でご確認ください)
入場無料

by WATASHI-BRAND | 2011-11-13 22:17 | YOKITOKORO

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -




「 蝦夷富士 」





晩秋の羊蹄山。



夕焼けがなくなる、冬が近づいています。

ちと、寂しいな。



c0173273_2075823.jpg







CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

by WATASHI-BRAND | 2011-11-11 20:10 | Chicaco的写真生活

YOKITOKORO

c0173273_122312.jpg
MY Soulland
「中野植物園」であそぶ。


「森林浴と紅葉の…」と書いてあります。
もみじが燃えるように赤く、真っ盛りの園内は、ほとんどひと気のないいつもの様子とは違い、
数組の家族連れの声が反響しています。
創立明治41年。私設の植物園。
おとうさん、おじいちゃん、そのまたおじいちゃんまで遊んだに違いありません。
市内にはしみじみファンが、たくさんいるはず。
「 The OTARU 」のひとつです!

さて、本日は「あの頃」と「今」を往復してみましょか。






「自然のシャワーを浴びて、ナチュラルパラダイス。」

これは、昭和60年代と思しきキャッチコピー。

園内にあるグランドでは、当時運動会や競技も行われていたらしく、
パンフレットには、応援するネッカチーフのお母さんたちが載っています。
標高150mの小山もあります。登山道を登り山頂に到達すると、観音様と小樽のパノラマがお出迎え。


c0173273_154068.jpg


かさこそ…という音を出しながら、落ち葉の上を駆け回る子どもたち。
「秋のカラーコーディネイトはアンズとノムラモミジ」(パンフより)
だそうです。すばらしいカラーバリエーション!



c0173273_1111171.jpg



園内のもう一つのお目当ては、点在する遊具の数々。
中でも、一番人気はこのハンドメイド感もりもりの
メリーゴランド。何と手動式です!
とにかく、究極のノスタルジ-に、
こっくりとっぷり浸ります。


c0173273_2316512.jpg



秋は、張り巡らされたモミジのカーテン。

紅葉がメインでも、春には桜も登場します。
お花見には北海道名物「ジンギスカン」
用具一式、シートやゴザも
貸し出しOK。春もまたよし。



c0173273_1133180.jpg





c0173273_1341013.jpg





c0173273_133040.jpg



運がよければ、エゾリス君とも遭遇可能。
木漏れ日が美しい遊具側は、常に鳥の鳴き声がBGMとなってます。
グランド側は明るく開放的で、落葉広葉樹林が広がる発汗エリア。


c0173273_1142544.jpg



ピンク色のモミジがラブリーに演出する、飛び石の傾斜道。
手を加えたポイントと、手つかずの自然がほどよく融合。



c0173273_136631.jpg



敷地面積 約5万㎡ 樹木105種 野鳥(記録)98種 (昭和63年調べ)

小樽市清水町26-30
0134-23-3468

入園料 大人200円 小人100円
開演期間 4月下旬~ 冬期間休園  9:00-17:00

無料駐車場あり
by WATASHI-BRAND | 2011-11-08 01:21 | YOKITOKORO

YOKIHIBI

よき日々





お日さまは 名デザイナー。




ご高齢のご婦人より、
季節ごとに届く絵手紙。
いつも、ステキな絵とキュートなひと文に、
しばし見入ってしまうのです。


c0173273_10192838.jpg

by WATASHI-BRAND | 2011-11-06 10:20 | YOKIHIBI

「 TURE*DURE 2011年11月号 」

c0173273_233935100.jpg

「 M@NAKANOSYOKUBUTUEN 」

by WATASHI-BRAND | 2011-11-03 23:41 | 『 TURE*DURE  』