人気ブログランキング |

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -





「 秋タビ・ 横浜 ③ 」






携わっていたもろもろが一段落。
待ち遠しかった秋の旅へ出発しました!




「ホテル ニューグランド」






c0173273_21363820.jpg

横浜の宿は、歴史のあるこのホテル。
実は学生のころ、一番いいとこに泊まろうと
背伸びをした思い出の場所。
再び訪れ、時の流れにちょっぴりウルウル。
それにしてもこのメイン階段。こんなに小さかったっけ?
あのステキなロビーはなくなった?





c0173273_22131714.jpg

実はロビーは2階にありました。
よかった。ここ、ここ!
このホテルの大きな特徴で、あえてフロントを
2階に持ってきたそうです。
あの頃みたいに、バシバシ記念撮影!
今は隣接に新館があり、ホテルの機能はそちらがメイン。
なのでここは人影少なく、ロケ気分で撮り放題。






c0173273_21372949.jpg

シーガーディアンで酔わされて〜♪♪
いつか来てみたかったのです。
ホテルの中にあるこのBar。
映画みたいにドラマチック。
カクテルで乾杯!
だって、今日は私たちの記念すべき日だもんね。






c0173273_2139347.jpg

朝食は港の見えるレストランで。
前回はホテルの部屋で、オムレツを食べたんじゃなかったっけ?
外国人みたいに、ルームサービスで…。
曖昧な記憶のベールを、1枚づつ開けていくのも楽しい作業。
旧友との歴史が、またひとつ更新されました。




CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

by watashi-brand | 2013-10-31 21:38 | Chicaco的写真生活

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -





「 秋タビ・ 横浜 ② 」






携わっていたもろもろが一段落。
待ち遠しかった秋の旅へ出発しました!




「工場夜景ージャングルクルーズ」






c0173273_12462168.jpg

今や各地にある夜景クルーズ。
北海道では、室蘭が先駆けですね。
発祥はここ横浜。丸々もとおさんという『夜景評論家』
なる方のプロデュースによるものだそうです。

元来、どちらかというと大自然よりも
“人工的なもの”に強く惹かれる性分ゆえ
激しく期待は高まります!
昨今のブームにより、予約を取るのも大変らしい。
友人が苦労の末、ゲットしてくれました。





c0173273_11485447.jpg

動く、暗いーで、写真撮影は至難の業!の予告どおり、
かなり難航。(しかし船は順調に航行)
その上、10月ともなればこちらも寒いし、今夜はお天気も雨模様。
これは北海道並みだわい。とシバレる体にむち打つも、
ダウン着用の人が心底羨ましいー。
しかし寒い分空気が澄んで、夜景はいっそうの美しさです。
写真上は見所のひとつ『東亜石油精製所』。
シュンシュン・シャカシャカ〜という工場音も、聞き逃しては
ならぬらしいポイントだそうです。






c0173273_11564037.jpg

こちらも“萌え”ポイントのひとつと言われる
『川崎天然ガス発電所』。
タンクや倉庫、あちこちから上がる水蒸気、白煙。
1982年の映画「ブレードランナー」の監督が
この工場群を参考に、イメージを膨らませたそうです。
その当時の近未来の姿が、今目前に広がっているんだね。
と友人。しばしSFちっくな気分に浸る私たち。






c0173273_122398.jpg

いろんな運河に入り込んでの、90分のクルージング無事終了。
ガイドのお兄さんも心底夜景を愛しているようで。
淡々とした語りの中にも、熱い情熱を感じましたー。
下船後は、とにかく冷えた体を温めるが先決と
めくるめく味の殿堂「中華街」へ直行〜。
このおかゆ屋さん。友人推奨。『謝胡記』というお店。
おかゆなんて物足りなしーと思っていたものの、これがこれが!
味が深くて、すんごく旨い!初心者向け?の「五目粥」を
いただきました。シーフードもいっぱい。
浮かれ気分でステップを踏みつつ、ホテルへ〜。




CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

by watashi-brand | 2013-10-29 11:41 | Chicaco的写真生活

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -





「 秋タビ・ 横浜 ① 」






携わっていたもろもろが一段落。
待ち遠しかった秋の旅へ出発しました!




「ゲージュツの町へ変身ー黄金町」



黄金町は「伊勢佐木町ブルース」でお馴染みの町。
ドゥドゥヴィドゥバドゥバ〜♪ 青江三奈〜♪
(古すぎっ!)
写真展を観に来ましたー。
ガイドをしてくださったのは、
横浜にお住まいの写真友達Oさんです。





c0173273_1564378.jpg

町の中心を流れる大岡川。
この沿岸は戦後バラックが立ち並び、
結構マズい地区だったという歴史があるようで…。






c0173273_1572111.jpg

ここら辺は、当時いわゆる「赤線地帯」。
そのなごりで、間口がとても小さい。
ここが現在『創造界隈』事業の一環として、
アートな場所に生まれ変わりました。
ひとつひとつがギャラリーやcafeに。
中に入ると、狭い階段の途中、途中に「ちょんの間」
(そちら系の用語のようです)
と言われる三畳ほどの部屋があり、
それぞれ、本当に小さなギャラリーとなっています。
大胆な試みですねぇ。実際畳のままのお部屋もありました。






c0173273_15115796.jpg

黄金町に来る時は、横浜駅から駅三つ電車に揺られましたが、
戻りは「伊勢佐木商店街」をぶらぶらと…。
横道にあった『太田なわのれん』は、牛鍋発祥のお店だそう。
すき焼きとは違う“牛鍋”ってー?なに?
気になるけど、こちらはびっくりしちゃうお値段とのことで、
そこそこのお店の牛弁的なもので、ひとまず落着。
中華街方面へと向かいました。
いつか、食べるぞー!!




CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

by watashi-brand | 2013-10-24 11:49 | Chicaco的写真生活

YOKIMONO

シャネルの裏方さんたち


「 Signe Chanel 」






あこがれのブランド「シャネル」。
ココ・シャネルを描いたものなら、たくさんありますが。
これはぜーんぜん違います。
シャネルの伝統を支える、裏方さんが主役のドキュメンタリー。



c0173273_21145183.jpg


オートクチュールのクオリティを辛抱強く形にする
お針子さんたち。ショーには欠かせない靴職人さん。
農家のおばちゃんでありながら、すばらしいガロン職人さん。
などなど。ユーモラスで魅力的な面々。
カッコいいはずのデザイナーでさえ、
なんだかコミカルに見えてきます。
一流には一流の訳がある!

by watashi-brand | 2013-10-15 21:23 | YOKIMONO

Chicaco的写真生活

『 Chicaco的写真生活 』
ファインダーの中の -Fantasy -








「 天狗山 」







小樽のシンボル山。

今日は久しぶりの青空です。



c0173273_23284956.jpg




ぼちぼち、紅葉が始まってきましたー。





CHICAPHOTO@WATASHI-BRAND

by watashi-brand | 2013-10-11 23:27 | Chicaco的写真生活

「 TURE*DURE 2013年10月号 」

c0173273_14211510.jpg

WAKOSO

by watashi-brand | 2013-10-06 14:21 | 『 TURE*DURE  』