人気ブログランキング |

タグ:CAFE ( 14 ) タグの人気記事

YOKITOKORO

c0173273_22441951.jpg
おすすめCAFE


川のほとりでLunch

カフェ かわね


朝里温泉の奥に今年の3月にOPENしたばかり。
自然に囲まれて空気がおいしい。
なんといっても、いちばんのおすすめポイントは、横を「朝里川」が流れ、せせらぎを聞きながら食事ができること♪ 大きな窓から、四季おりおりの表情を見せる川を眺め、のんびりした時間が過ごせる。



c0173273_114123.jpg ランチメニューは3種類の「ダッチオーブン」セット 750円
ハンバーグ(赤ワインソース)
シーフード(あっさりトマトソース)
チキン(クリームソース)
サラダ+ごはんorパン付 ※ 食後のドリンク100円
ダッチオーブンとは、キャンプなどて使う炭火などに直接かける鋳鉄製などの鍋のこと。具材がとてもやわらかく、味がよく染みこんでいる。
クツをぬいで2Fに上がると、大きなクッションがどすんどすん置かれたリラックス席が…。もちろんここらも川が見える。友達同士で果てしなくおしゃべりしたい時、ひとりでぼんやりしたい時、これがまた、まったりとできていいのだ。
毎週土曜日は自家製パンの日。(お昼ころの焼き上がり) 各100円。道産小麦100% 
パンを買って2F席もいいかも。
夜は金・土のみ営業で、ピザやパスタ・リゾットなどがある。
c0173273_12092.jpg森のきこりさんのお家を訪問するかのような、入口へのアプローチ。やっぱり昼間の明るい時間がいいな~。

小樽市朝里川温泉2丁目686 
(ホテル「蔵群」の前の道を進み、川とぶつかる所)
11:30-16:00(日~木)
11:30-16:00 18:00-21:00(金・土)
0134-54-1804
不定休      
駐車場有り

by WATASHI-BRAND | 2009-07-07 22:51 | YOKITOKORO

YOKITOKORO

c0173273_0102148.jpg
おすすめCAFE


木々に囲まれてお茶を

カフェ 崖の上
cafe gakenoue


一見、何の建物か分からない。工房のようでもあるし、別荘のようでもある。
赤いドアが目印の「カフェ崖の上」は、振り返りながら通り過ぎる車が多いのではないだろうか。定山渓温泉の端、道道1号線沿い。約2km先には札幌国際スキー場があるという位置だ。
c0173273_0135372.jpg
文字通り、コンテナを利用した店舗が崖ぎりぎりに置かれている。
中に入ると一番奥の壁は一枚ガラスの大きな窓になっており、ここが特等席。まるで森の中に浮かびながらお茶を飲んでいる気分に♪ この席を目当てに来るお客さんは、順番待ちをすることもあるとか。テラス12席を入れると約24席。

足下には渓流が流れ、白樺や広葉樹が美しい。見ているだけでマイナスイオンを吸収できそう!秋はもちろんのこと、今の季節は新緑と春紅葉が目を楽しませてくれる。
思い切り深呼吸したい時に、来たいお店。

お勧めは「gakeno-ue CAKE」(崖の上ケーキ)。
醗酵バターが香ばしく絶妙の塩加減。しっとりかつしっかりした食感に、生クリームが合う。「崖の上ケーキセット」(写真右)860円。ケーキ単品480円。


札幌市南区定山渓567-36
10:30-18:00(閉店時間不定)
011-598-2077
月曜定休      
駐車場有り(7台)

by WATASHI-BRAND | 2009-05-19 00:15 | YOKITOKORO

バービー・チャンネル♪

Baebie Channel    小樽在住。30代OLのすてきな日常。


「 土曜日ブランチの巻 」


c0173273_091873.jpg

土曜日の過ごし方。

いつものカフェで、ゆっくりブランチ。

外の景色をぼんやり眺める。

今日は観光客の姿もまばら。なんだか雨が降ってきそうな空模様。

このあとは、『オーストラリア』を観にいく予定。ヒュー・ジャックマンにはまりそうなのよね。ふふふ…。


c0173273_21103419.jpg「JOY LUCK CLUB」

小樽市東雲町2-3 
11:00-19:00 
0134-31-3787
年末年始のみ休業あり


TODAY'S LUNCH 11:00-15:00  580yen~680yen(3種類)
サラダ・ケーキ・ドリンク(コーヒーor 紅茶)付き
WEEKEND DESSERT 11:30-16:00  525yen
ケーキ・冷たいスィーツ・フルール・ドリンク(コーヒーor 紅茶)
by WATASHI-BRAND | 2009-04-09 00:33 | Barbie Channel

YOKITOKORO

c0173273_028535.jpg

c0173273_0401297.jpg
音楽とアートを楽しみながら、古民家で安らぎの時間を過ごす。

住吉にあるcafe「はち」は珈琲とお菓子とパンのお店。
のりちゃんが豆を焙煎し、まきちゃんがCAKEとパンを焼く。
仕事の役割分担と、おしゃべり分担と、体調分担と、精神分担があ・うんの呼吸で執り行われていて-多分、すごくエニシの深いふたりなんだと思う-(でも、よくけんかもしているらしい…けど。)
お店は二軒目。最初は富岡で5年、それからこの古民家に移って8年目を迎える。
ここには床板や窓枠も一緒に引っ越して来た。
懐かしくて温かい。
お日様の向きと一緒に陽が入り、夏には簾越しに風がやってくる。
はちの位置は臨港線の坂と、メルヘン交差点への坂の、ちょうどてっぺんに位置しているから、空気がすごくいいそうだ。
ふたりには師匠がいる。函館で珈琲をいれている人だ。
弟子になり、今の手による焙煎をものにした。深煎りの珈琲は味わいもとても深く、機械が主流の今時としては珍しい。手間と愛情が何倍もかかるのだ。



c0173273_133387.jpg

きちんと選んだ食材で、ていねいに手作りする。

パンは道産小麦と天然酵母を使用。
自家菜園や、自然の中で採取した素材を使った季節限定メニューも、はちの楽しみのひとつ。
壁には版画や写真、木造りのテーブルには季節のお花。本物志向にはたまらない、アンプとスピーカーから流れる音楽。ひとつひとつが心に豊かでやさしい時間を与えてくれる。
珈琲は豆の量と水の量が選べるのが嬉しい。自分にあったちょうどいい濃さをみつけたら、すっかり居心地のいい場所になっているはず。
これからの季節は、クリスマスケーキの予約注文が始まる。素朴で、しかも本格的な味わいのシュトーレンやクグロフなど、ぜひ味わってみて。





c0173273_21485794.jpg
(写真左)季節限定メニューの「枝豆ムース」 自家製の豆だから、豆の味がしっかり。

(写真右上)こだわりの材料を使ったパン。「パンプレート」や「シナモントースト」などで。

(写真右中)自家焙煎の珈琲は深い味と香り。秋の「かぼちゃのケーキ」は人気。

(写真右下)バレンタインやクリスマスには、ケーキと豆のセットなどを予約販売。
毎年のおしゃれなラッピングも楽しみ。
        





c0173273_21492120.jpg
小樽市住吉町12-1
10:00~19:00(日祝11:00~)
0134-27-6408
木曜定休

「 はち 」





< 文・写真  サワダ チカコ >
by WATASHI-BRAND | 2008-11-11 01:31 | YOKITOKORO