人気ブログランキング |

タグ:OTARU ( 99 ) タグの人気記事

YOKIMONO

栗スイーツの季節


「 渋皮つき栗パイ 」






栗は単体でも、もちろん魅了してくます。
シンプルな天津甘栗などは、街角で見かけると
つい買ってしまったりするのも、やむなしです。
また、そこにさらに脇がプラスされると、
栗の美味しさがグレードアップされる、
ということも当然な結果です。
このパイはまさにそういう筋道の、
栗スイーツなのです。


c0173273_1543379.jpg



“栗が丸ごとひとつ”というフレーズには
めっぽう弱いのですが、これはその丸ごとを
パターたっぷりのパイ生地が包み込みという、
なんとも間違いのない一品。
栗+パイですから、否定要素はゼロですね。
添加物をまったくしのばせていないのも、
裏切りがありません。200円。

六美 
小樽市緑1-2-12
0134-22-2697

by watashi-brand | 2013-11-30 16:03 | YOKIMONO

YOKITOKORO

気になっていた、このお店(4)

ざっかす島影


酒屋さんの中の呑み処








手宮のバス通りに、提灯の赤い灯りが見えると
ほっこりとして、吸い込まれてしまいます。

なんとも気になる名前のお店。
店主のお父さんにお聞きしてみました。
ひと昔前の酒屋さんでは、『もっきり』というシステムがあり
コップでお酒が売られ、店頭で飲むことができました。


c0173273_22324714.jpg


そんな時代から「ざっかす」という言葉があり、
お酒などを売るお店が「雑貨屋」といわれ、それに
「スタンドバー」か「スナック」の
“す”がくっついたのではないか。とのこと。
ひと昔前の時代をいろいろ想像してみると、
余計に楽しく飲めてしまいます。

c0173273_22412197.jpg

「ざっかす島影」の名物、お任せお通し(1,000円)は、つねに7〜8品。
旬のお魚、漬物、小鉢が5品ほど。この家庭的なお料理は
すべておかみさんの手作り。他に牛すじ煮込み(400円)など。

c0173273_2249196.jpg

昼間は普通にお酒を売っている、酒屋さん。
回りには日本種が30種類ほど、焼酎も並んでいます。
『おたる島影』はこのお店のオリジナル。少し甘くて、コクあり。

c0173273_22525343.jpg

こーんなおつまみ。魚肉ソーセージや干物。
柱におススメも貼られています。
生ビール(400円)、日本酒(300円〜)などのお供に。
お通しの塩辛などで、ちびちびもいいですね。


c0173273_22561764.jpg

コの字のカウンターに座るのは、常連さんだけではありません。
こちらは、近くのお宿『とまや』さんに宿泊中の旅人さんです。
(ご本人の許可を得ました)
ここでは、みんなが和気あいあい。楽しい時間を共有!


c0173273_2329100.jpg

テキパキ働くおかみさんと、ご店主のこのスマイル。
お酒よりも、これが一番カラダに効くのかも。
先代が始めた酒屋は、昭和4年創業。現在の島影さんは二代目です。
7年前から、居酒屋を作りました。
ご主人のお話に、酔客もどんどん引き込まれ夜はふける。
初めてなのに常連のような錯覚に陥る、
不思議な魅力のお店です。


c0173273_2328637.jpg

小樽市錦町13-10
0134-22-5513
18:00-23:00 (酒屋部門 9:30-23:00)
第3日曜定休
カウンター9席
Pなし

by watashi-brand | 2013-09-29 22:45 | YOKITOKORO

YOKITOKORO

気になっていた、このお店(3)

cafe bloco
(カフェ ブロコ)

海と過ごす時間








小高い丘の上にある神社「水天宮」の
裏参道付近にあるお店です。
“この道行っても大丈夫?”という急な小道を
登りつめたところにあり、なんとも小樽チックなアプローチ。
秘密めいた気分で発見できます。





c0173273_15391971.jpg


テラスの向こうは小樽港が一望。
右は石狩方面、左は祝津まで。
さやさやと緑の枝が揺れるは、シンボルツリーの白樺。




c0173273_15393858.jpg


夏は花火も楽しめます!
(潮まつり花火は、特別プランとなりますので要確認)



c0173273_15172862.jpg


bloco名物「タコス」。
メキシコ人直伝のレシビで作ったトルティーヤが
おいしさのわけ。LAで一番人気のタバティオホットソース、
余市の完熟オーガニックトマトのサルサソースを
お好みでかけて。




c0173273_15213325.jpg


自家製ベーグルは、岩見沢産の小麦「キタノカオリ」100%。




c0173273_15235591.jpg


マフィン、パウンドケーキ、ロールケーキもすべて自家製。
乳製品は控えめに、添加物なしのこだわりです。

他に、オーガニックスパゲティ等。
※ 各メニューは800円〜900円。全席禁煙。




小樽市東雲町7-17
0134-26-6600
火水木・日祝 11:00-19:00 金・土 11:00-21:00
月曜定休(祝日の場合は火曜日に振替)
Pあり

by watashi-brand | 2013-09-16 15:01 | YOKITOKORO

YOKOKOTO

『 おたる縄文の集い 』






古代のロマンに思いを馳せる初のイベント。

縄文人とふれあうひと時!

小樽の周辺には忍路や蘭島など、
縄文遺跡がたくさんあります。
彼らの文化や暮らしを、詩、土器、音楽の
世界で感じてください。

c0173273_1944882.jpg


8/31sat ー9/1sun
10:00-18:00 (8/31) ・10:00-16:00 (9/1)
運河プラザ 三番庫
◎ 詩朗読・縄文琴演奏 8/31 14:00〜16:00
◎ 野焼土器約100点展示
※入場無料

by watashi-brand | 2013-08-30 19:52 | YOKIKOTO

YOKITOKORO

気になっていた、このお店(1)

Celan
(ケラン)

山の麓のカレー屋さん






わが街のシンポル、天狗山のバスロータリー付近に
1年前にopenした、カレーメインのカフェスタイル
のお店です。
以前は「大地の林檎」だったというと
あ、と思われるかもしれません。
緑の木々に囲まれた中に、赤と白でかわいらしい存在。



c0173273_0233999.jpg




人気ものの「ぱりぱりチキンと野菜のスープカレー」(1,180円)や
お豆のルーカレーなど、なんとも洗練されたお味と風情。
カレーの辛さは10段階、ベースとなるスープはトマトかスパイスが
選べて、自分のオリジナルカレーを楽しむことができます。
限定メニューもあり、懐かしの復刻『大地のルーカレー』
が登場することも。遠くに海を眺め、木々のざわめきを
聞きながら、自然に囲まれて食べるカレー!



c0173273_0235556.jpg




小樽市最上2-16-21
0134-26-6995
11:00-21:00 ランチ11:00-21:00
月曜定休  P有り



c0173273_024998.jpg

by watashi-brand | 2013-06-22 00:25 | YOKITOKORO

YOKIKOTO

今月の展覧会


OTARU

「志佐公道 写真展 海再-UMI FUTATABI 」

AUTHENT HOTEL
1F Gallery




c0173273_1294289.jpg




様々な船の姿

ヨット、フェリー、小樽港に入港する豪華客船や帆船などを、
ライフワークとして撮り続ける。
日の出日の入り、お天気、風の向き、すべてを熟知しているからこそ
捉えられる、船と海が織りなす、美しくて力強い刹那。


6/1(土)~6/30(日)
10:00-19:00(最終日17:00まで) 
小樽市稲穂2-15-1
0134-27-8100












SAPPORO

「岩下寿男展」

GALLERY ESSE




c0173273_218294.jpg




シュールな青の世界

作家は東京生まれ、1985年より小樽在住。市展委員。
東京、札幌を中心に展覧会を開催している。
今回のテーマは、ヨーロッパスケッチ旅行で出会った心に残る風景と、北海道で見た風景とが
融合した不思議な世界。静寂の中に引き込まれ、そして心の中へと旅が始まる…。


6/11(火)~6/16(日)
11:00-19:00(最終日17:00まで) 
札幌市北区北9条西3丁目9-1 ル・ノール北9条1F
011-708-0606

by WATASHI-BRAND | 2013-06-09 13:18

スイーツ天国への道

c0173273_10573549.jpg

おそるべき「別ばら」の秘密。









春は甘い生活。

珈琲店コロンビア「アップルパイ」





昭和の老舗喫茶店「コロンビア」。
高校時代常連だったのに、今でも呑みの最後は「コロンビア」で!
という人は、たくさんいますよね、きっと。
昨今のレトロブームにより、雑誌などでも取り上げられ、
さらに市外からのお客さんも増えている、
嬉しい現象がおきております。

天井からの大げさなシャンデリアに、意味不明なビクトリア調のインテリアも。
全然おしゃれじゃないよ…。どおいうの?!
でもいいのです。だってここは「コロンビア」だから。
ファンとか、そういう他人行儀ではなくて
もっともっとゆる〜い、関係。



c0173273_9273752.jpg



「コロンビア」といえば、クリームぜんざいや
チョコレートパフェが定番ですが、
ここはあえて『アップルパイ』で。
この本格的テイストがミスマッチで、嬉しい裏切りなのです。
待つこと20分。世にもおいしいサクサク熱々の登場。
このエアたっぷり感。リンゴたっぷりの食感。
これで550円です。他にカスタードパイなどもありますよ。

わたしたちの「コロンビア」よ。どうかいついつまでも。

小樽市花園1-10-2
0134-33-5178
無休 11:00-24:00


by watashi-brand | 2013-05-31 23:57 | スイーツ天国への道

YOKIKOTO

SAKURA・咲く








5月は、お天気に翻弄され、
桜の開花にも、翻弄された日々でした。

そして、いきなりの初夏様相。
ただ今、八重桜が満開です!


c0173273_0473661.jpg






可憐に、優雅に、切なく、やっぱりかわいく花を開いた
おなじみさんの“ご近所桜”をご紹介いたします ♪


c0173273_0504579.jpg

「奥沢5丁目」







c0173273_051363.jpg

「天神1丁目」








c0173273_0521155.jpg

「天満宮(天神1丁目)」







c0173273_134735.jpg








c0173273_1192334.jpg

「記念公園(奥沢1丁目)」






c0173273_1111367.jpg


by watashi-brand | 2013-05-31 23:43 | YOKIKOTO

YOKIKOTO

今月の展覧会


OTARU

「 佐藤友保 The Carving 展 」

市立小樽美術館1F
市民ギャラリー




c0173273_0265887.jpg




木で作る鳥・人形の世界

ご近所さん、友達、アーティストなどをモデルに、
動き出しそうなほどそっくりなお人形。リアルでありながら
ユーモラスな温かさに溢れているのは、作家の観察眼の素晴らしさ
と、対象に対する愛を感じるから…。


3/13(水)~3/17(日)
9:00-17:00(最終日16:00まで) 
小樽市色内1-9-5
0134-34-0035 ※無料駐車場有り

by watashi-brand | 2013-03-11 00:21 | YOKIKOTO

YOKIKOTO

『 おたるめぐり 』




3月10日(日)まで
市内各所






すっかり定着してきた、イベントです。
歴史の中で大切にされてきたお雛さま、
お家で眠っていたお雛さま、
ハンドメイドのお雛さま。
みんな、艶やかに大集合。



c0173273_11223389.jpg

「JR小樽駅」「市立小樽文学館」「運河プラザ」等の
大きな会場をはじめ、「田中酒造」「北の誉酒造」「坂牛邸」
など、大小さまざまのお店や施設が参加しています。
ピンク色ののぼりが目印!






c0173273_11271878.jpg

江戸時代古今雛(市立小樽文学館)




歴史香る
小樽の雛を
訪ねる





c0173273_11364799.jpg

■ ワークショップ「色紙雛をつくろう!」 3/9(土) 13:00~ 小樽市総合博物館

■ 「山口流笛の会」 3/10(日) ①12:00~ ②13:30~ 運河プラザ

■ 「楽しいひなめぐり茶会」 3/10(日) 13:00~15:00 運河プラザ





c0173273_11453623.jpg

by WATASHI-BRAND | 2013-03-04 11:41 | YOKIKOTO